暁の紅

アサガオの育て方.net

暁の紅

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


暁の紅

 

 

暁の紅は、サカタのタネから販売されている大輪咲きアサガオです。
暁シリーズとして、他にも色違いの品種がいくつか存在します。

 

暁シリーズはどれも大輪咲きであることが特徴で、
うまく育てれば花の直径が18cm前後にもなるのだそうです。

 

全体的にツルがあまり伸びない性質なので、コンパクトに仕立てることも可能です。
コンパクトな株に大きな花が咲いている姿は、なんともいえない迫力があります。

 

暁の紅の特徴と育て方のコツを見て行きましょう。

 

[暁の紅]

 

 

■暁の紅栽培データ

 

科・属名 ヒルガオ科イポメア属
学名・英名 
Ipomoea nill
別名 
牽牛花
花色 
紫がかった紅色

 

 

■暁の紅の特徴

 

・大輪の紅色花
サカタのタネから出ているアサガオの暁シリーズには、いくつか品種があります。
品種によって色が異なり、暁の紅は名前の通り紅色をしています。

 

紅色といっても、鮮やかな赤色というよりは、少し紫を含んだような赤色です。
いわゆる真っ赤な花色も美しいですが、夏は少し暑苦しく感じることもあります。

 

暁の紅の花色は紫がわずかに入ることによって、その暑苦しさを感じることがありません。
さらに、花の中心となる筒の部分は白く抜けるので、全体が重くなるのも防いでいます。

 

花は大輪咲き品種らしい、大きく見栄えのするものが咲きます。

 

うまく育てれば、花の直径が18cmほどにもなるというのですから、すごいです。
大きな花を咲かせることができたら、喜びもひとしおでしょう。

 

アサガオといえば、午前中が終わる頃にはしぼんでしまう性質があります。

 

ところが暁の紅を含む暁シリーズは、午後まで開花した状態が続くので、
ゆっくりと鑑賞できます。

 

・輝く斑入り葉
暁の紅の葉は、明るいライムグリーンです。
それだけでも爽やかさがあるのですが、さらに白い斑も入ります。

 

形は一般的なアサガオの葉と同じですが、
この斑が入ることによって、特別感のある雰囲気を楽しめます。

 

まだ花が咲いていない時期でも、この斑入りの葉を眺めているだけで、
涼やかな気持ちになれます。

 

斑の入り方は一定でなく、ランダムです。
斑の範囲が広い葉もあれば、わずかにしか斑が入らない葉もあります。

 

この斑の入り方は、株ごとの個体差もありますが、
同じ株であっても斑の入り方はランダムになります。

 

個体差によって出るとすれば、斑の入りが全体的に多いか少ないかです。
斑入りの葉を好むのであれば、苗の時点で斑入りの多いものを選ぶのがお勧めです。

 

 

■暁の紅の栽培のコツ

 

・育て方
基本の育て方は、一般的なアサガオと同じです。

 

日光と水を好むので、日当たりの良い場所に置き、
土が乾いたらたっぷりと水を与えます。

 

本葉が4枚~5枚ほどの時点で摘芯すると、脇芽がたくさん出てツルの本数が増えます。

 

ツルの本数が増えた分、開花数も増える可能性が高くなるので、
スペースが許すのであれば、ツルの本数を増やすと良いでしょう。

 

また、ツルがあまり伸びないタイプのアサガオなので、
全体的にコンパクトに仕立てられます。

 

鉢植えにして、あんどん仕立てにすることで、
コンパクトな株姿と大きな花を間近で楽しむことができます。

 

・強風に注意
花が大きい分、強風の影響を受けやすいです。
できるだけ強い風の当たらない場所に置きましょう。

 

ただし、極端に風通しの悪い場所は、
病害虫の被害や生育不良の原因となるため、避けます。

 

■参考
・アサガオ 種からの育て方
・アサガオ 鉢植えの育て方
・アサガオ プランターの育て方は?
・西洋アサガオ 育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

アサガオ 品種

この記事に関連する記事一覧