パーリーゲート

アサガオの育て方.net

パーリーゲート

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク


パーリーゲート

 

 

パーリーゲートは、西洋アサガオの1品種です。
アサガオといえば、日本の夏風物詩というイメージがあります。

 

けれど西洋アサガオと呼ばれる、丈夫で生育旺盛な品種群もとても人気があります。

 

生育が旺盛なので、グリーンカーテンとして利用されることも多く、
丈夫で育てやすいということで人気が高まりました。

 

西洋アサガオは花色が青のイメージも強いですが、
パーリーゲートは真っ白な花を咲かせます。

 

パーリーゲートの特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[パーリーゲート]

 

 

■パーリーゲート栽培データ

 

科・属名 ヒルガオ科サツマイモ属
学名・英名 
Ipomoea nill
別名 
ソライロアサガオ、西洋アサガオ
花色 

 

 

■パーリーゲートの特徴

 

・純白花の房咲き
西洋アサガオといえば、ヘブンリーブル―に代表されるように、青色が印象的です。
もちろん青色の花もとても美しいのですが、別の花色も欲しくなるものです。

 

パーリーゲートの花色は、濁りのまったくない純白です。
花の中心(筒)の部分は、ごくごく淡い黄色になります。

 

色の濃淡は個体差によって出やすく、黄色が強くでれば明るいレモンイエローに、
色が淡く出るとクリーム色っぽく見えます。

 

花の大きさは中程度ですが、花付きが非常に良いので、
開花が始まると次々と花を咲かせます。

 

しかも1か所に房状に開花するので、見ごたえも抜群です。

 

たくさんの花が次々と開花しても、花色が輝くような白色のためか、
重い印象になることはまったくありません。

 

やや晩生なので、開花スタートが10月頃になることもありますが、
待った分だけ楽しみが増える品種です。

 

開花した花は、真夏でもお昼頃まで咲いた状態が楽しめます。

 

秋になってさらに短日になると、夕方頃まで咲いていたり、
長ければ翌日の朝まで咲いていることもあるそうです。

 

・ハート型の可愛らしい葉

パーリーゲートは西洋アサガオなので、ハート型の葉を持っています。
葉色は明るい緑色です。

 

ツルや葉に目立った産毛がなく、つるりとしているのが特徴です。

 

つるっとした花や葉、ツルに朝露の水滴がついている様子は、
なんとも清々しく美しいです。

 

ツルの伸びが非常に良く、広いエリアでの栽培に向いていて、
グリーンカーテンにもお勧めの品種です。

 

 

パーリーゲートの苗 C)イングの森

 

 

■パーリーゲートの栽培のコツ

 

・育て方
基本の育て方は、一般の西洋アサガオと同じです。

 

気温が十分に上がった5月以降に種まきが可能になりますが、
開花開始がやや遅めなので、早くても8月上旬頃からの開花となります。

 

遅くなると10月頃からの開花開始となるので、初めて育てる時は不安になりますが、
秋までは花がつかないことも多いので、気長に待ちましょう。

 

・花付きが悪い場合
基本的には生育旺盛で、開花時期が近くなるとたくさん蕾も上がってきますが、
花付きが悪くなることもあります。

 

ツル性の植物なので、肥料の窒素が多いとツルボケが起こります。

 

また、アサガオは短日性の植物なので、夜間も明るい場所に置いていると、
花付きが悪くなります。

 

日中は日当たりの良い場所が良いですが、
夜間は街灯や部屋の明かりが届かない場所を選びます。

 

■参考
・アサガオ 種からの育て方
・アサガオ 鉢植えの育て方
・アサガオ プランターの育て方は?
・西洋アサガオ 育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

アサガオ 品種

この記事に関連する記事一覧

«  | ホーム |  »