アサガオ 育て方

アサガオの育て方.net

アサガオの病気

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


asagao (1)

アサガオ、元気がないと心配です

 

 

■アサガオの病気

 

アサガオにはどんな病気があるのでしょう?
対策も確認していきます。

 

・葉に斑点ができる病気
アサガオの葉に黒っぽい茶色や黄色などの、
斑点や病変した部位が出た場合、
斑紋病輪紋病べと病などが考えられます。

 

◎対策
いずれも発生してしまった場合には、
専用の薬剤で防除することができます。

 

これらの病気は、雨が続いたりして、
土が湿気た状態が続くと起きやすくなります。

 

また、窒素分の多い肥料を与えて軟弱に育った株も、
発病しやすくなります。

 

過湿にならないように管理し、
多肥になったり窒素過多にならないように、
肥料の与え方に注意しましょう。

 

 

udonkobyo

うどん粉病(カボチャですが、あっという間に広がります)

 

 

・葉に白い粉がつく病気
葉に白い粉のようなものがついていたら、それはうどん粉病です。
白い粉のように見えるのはカビの一種です。

 

放っておくとどんどん広がってしまい、
そのうち葉が枯れ、全体が枯れてしまいます。

 

◎対策
うどん粉病が発生した場合は、
専用の薬剤で防除することができます。

 

また、ごく一部に症状が出ている場合は、
その葉だけをちぎって処分するだけで、
病気が広がるのを止めることができることもあります。

 

うどん粉病は風通しが悪かったり、
蒸れたりしていると発生しやすいです。
葉が茂りすぎていたり、誘引が混みあっている場所は、
つるを整理したり葉を少し間引きしたりしておきましょう。

 

・葉がモザイク柄になる病気
一枚の葉にモザイク柄のような、濃淡が出る症状は、
モザイク病という病気の可能性があります。

 

これはウイルス性の病気で、多くはアブラムシなどの害虫が媒介します。
この病気にかかってしまった場合、残念ながら治癒することはできません。

 

◎対策
他の株に感染する前に、
モザイク病にかかっている株を処分するようにしましょう。
モザイク病を防ぐには、アブラムシを防除することが不可欠です。

苗を植え付ける頃からアブラムシの発生が多くなります。
こまめにチェックして、もしアブラムシがついているのを見つけたら、
粘着テープなどで捕殺するようにしましょう。

 

 

asagao

朝顔の様子を日々観察して早期発見します

 

 

・葉が変色しているのは病気?
アサガオの葉が変色しているといっても、
斑点状や葉の縁だけ変色しているのか、
葉全体の色が抜けたようになっているのかで原因が違います。

 

黄色や茶色の斑点が出ていたり、緑の濃淡があって斑点に見えるものや、
葉の縁だけ変色していたり変形しているものは、病気の可能性が高いです。

 

けれど、葉全体が脱色したように色が抜けている場合は、
肥料不足や日照不足、水切れを起こしたなどが考えられます。

葉の異変の状態をよく観察し、適切に対処するようにします。

>>アサガオ プランターの育て方は?
>>アサガオ 地植えの育て方
>>西洋アサガオ 育て方

 

タグ : 

アサガオ 病害虫