アサガオ 育て方

アサガオの育て方.net

アサガオ 育て方の流れ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


asagaohutaba
大輪日本アサガオの双葉です

 

 

アサガオは5月頃から種まきや苗の植え付けが始まり、
11月頃にはつるが枯れてシーズンが終わります。

 

栽培の大きな流れをつかんでおくと、
アサガオを育てる作業がスムーズになります。

 

 

■5月~6月のアサガオ栽培

 

5月に入り気温がぐんと上がったら、アサガオ栽培のスタートです。
5月~6月は、種まきと苗の植え付けが可能な時期です。

 

種から育てる場合は、育てる場所に直接まく直播きと、
苗をポットなどで育ててから定植する方法があります。
どちらも種をまく深さなどは変わりません。

 

また、この頃になると園芸店やホームセンターなどで、
アサガオの苗が店頭に並び始めます。

 

育苗に自信がない方や、種を使い切れない心配がある方は、
苗から育てるのもおすすめです。

 

4月の末頃から出回ることもありますが、
気温が充分に上がらないうちに苗を植え付けてしまうと、
寒さにあたって弱ることがあります。

 

必ず充分に気温が上がって、
温かさが安定してから植え付けるようにしましょう。

 

 

sidareasagao
枝垂れアサガオの紅ちどり

 

 

■5月~9月のアサガオ栽培

種まき・苗の植え付けと時期が重なりますが、
この期間は追肥が必要になってきます。

 

種まきから育てる場合は、
定植時期までは追肥の必要はありません。

 

また、苗を植え付けた直後も、追肥は必要ありません。
植え付けてから2週間後くらいから追肥を開始します。

 

アサガオは、つるや葉ばかりが茂る、
「つるボケ」の状態になることがあります。

 

原因の一つとして、肥料過多があります。
中でも、窒素分の多い肥料ばかりを与えていると、
つるボケを起こしやすくなります。

 

窒素・リン酸・カリの3要素が同等のものか、
リン酸が少し多めのものを与えるようにしましょう。
>>アサガオの肥料は?
>>アサガオ 摘芯 時期と方法

 

 

asagao

開花が楽しみです

 

 

■7月~11月のアサガオ栽培

 

品種によりますが、7月以降はいよいよアサガオの花のシーズンです。
よく見かける日本アサガオであれば、7月頃から開花が始まります。

 

西洋アサガオなどは、少し開花が遅れて8月頃から開花が始まりますが、
その代わり寒くなるまで楽しむことができます。

 

また、この時期はつるをよく伸ばす時期でもあります。
つるを誘引するネットや支柱はあらかじめ用意しておきましょう。

 

伸びたつるを放っておくと、思っていた場所と違うところに絡みついて、
手に負えなくなることもあります。
つるが伸びたらその分、必ず誘引するようにしましょう。
>>アサガオ プランターの育て方は?
>>アサガオ 地植えの育て方
>>西洋アサガオ 育て方

 

タグ :  

アサガオ 育て方