アサガオ 育て方

アサガオの育て方.net

アサガオ 摘芯 時期と方法

読了までの目安時間:約 3分

 

スポンサードリンク


asagao (13)
摘芯するとわき芽が増えて花数も増えます

 

 

◎アサガオを摘芯する理由は?

植物は、生長の頂点=親づるの先端を摘むことで、
かわりに新しい生長点をいくつも伸ばす性質があります。 

 

アサガオも同様で、摘芯をすると脇芽が多く発生してきます。
この脇芽が多く育つことで、親づる一本で育てるよりも、
花数をはるかに多く増やすことができます。

 

摘芯をしなくても、脇芽が多く出てくることがあります。
けれど、親づるを残した状態で脇芽を伸ばして子づるにすると、
花付きが悪くなったり、株が疲れてしまうことが多いのです。

 

摘芯をしないよりも、摘芯をした場合の方がメリットが多いので、
できれば摘芯は行うようにした方が、たくさんの花を見られます。

 

 

asagao (7)
入谷朝顔まつりは7月6日~8日、職人さんのあんどん仕立てが鑑賞できます

 

 

■摘芯の時期と方法

 

アサガオの摘芯にもタイミングがあります。
アサガオの本葉が8枚~9枚になったら、摘芯の時期です。

 

双葉の次に出てくる葉が第1の本葉です。
摘芯は第1の本葉から数えて、第5か第6の本葉の上で切ります。

 

 

asagaotekisin

摘芯の方法と伸ばす脇芽=子づる

 

 

この時、つるが細くても必ずハサミで切り取るようにします。
つるは細く見えても繊維が強く、とても手ではちぎることができません。

 

無理に手でひきちぎるようにつるを切ってしまうと、
株が弱くなったり、枯れてしまう原因にもなりかねません。

 

摘芯が済んだ後、しばらくすると、
各本葉や双葉の付け根から、脇芽が出てきます。

 

この脇芽をすべて育てると、つるが多すぎて株が疲れてしまい、
花数が少なくなってしまったり、早く枯れてしまう原因になります。

 

出てくる脇芽を全て子づるとして育てるのではなく、
残す子づると摘んでしまう子づるを選ぶようにします。

 

残す子づるは、1~3本、
第3、第4、第5の本葉の付け根から出る脇芽が良いでしょう。

それ以外の本葉から出てきた脇芽は、全て取り除くようにします。
必要なものだけを残し、あとの脇芽を取り除くことで、
残した脇芽の生育がとても良くなります。

 

>>アサガオの種を各種見てみる★メール便送料70円から

 

タグ :   

アサガオ 摘芯