アサガオ 育て方

アサガオの育て方.net

恋しぐれ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


koisigure02

恋しぐれ 一番の花たち、葉も斑入りですてきです

 

 

しだれ咲きアサガオ「恋しぐれ」は、
育種家である高木誠氏によってつくられた、人気のアサガオです。
*「枝垂れ朝顔恋しぐれ」とも記します。

 

 

[恋しぐれ]

 

 

■恋しぐれの栽培データ

 

科・属名 ヒルガオ科イポメア属
学名 Ipomoea batatas
開花期 7月~10月
花色 ピンク、紫、ブルー、茶

 

 

■恋しぐれの特徴

 

・しだれ咲きアサガオ
恋しぐれの特徴は、なんといってもしだれ咲きタイプなところです。
つるも良く伸び、綺麗に咲くので、仕立てれば、お庭のアクセントになります。
アイアンを使ったり、ハンギングバスケットを使ったり、さまざまな仕立て方があります。

 

・斑入りの葉
葉には綺麗な斑が入る品種もあり、花も葉も楽しめるアサガオです。

 

・開花時間
アサガオは、朝に咲き、昼にはしぼんでしまう草花として知られていますが、
恋しぐれには終日咲くアサガオの遺伝子が取り入れられているため、
真夏の暑い日でも、14時くらいまでは開花が見られます。

 

 

koisigure01

ブルーを購入しましたが(汗

 

 

■恋しぐれの栽培のコツ

 

・栽培方法
種の販売は、現在までありません。
苗を入手して植え付けましょう。

 

地植えの方がよく咲く傾向にはありますが、
鉢植えでも華やかに育てられます。

 

伸び初めたつるは摘芯すると小づるを出して、
ボリュームのある株に育ちます。

 

高さのある10号程度の鉢で育てると、
たくさんの花がしだれ咲きになり、とても見事です。

 

恋しぐれは水、肥料を好みますので、元肥を多く施します。
そして週1回、液体肥料での追肥は忘れないように育ててください。

 

朝夕の涼しい時間帯にたっぷりと水やりします。

 

 

koisigure

見事です♪ C)engei.net

 

 

・仕立て方
おすすめは、トレリスや、アーチ・オベリスクなどを利用して仕立てる方法です。

 

アサガオは日本を代表する草花で、トレリスやオベリスクなどといった、
ヨーロピアンテイストとは異なる風合いがありますが、
ぐんぐん伸びるつるや、しだれ咲く花には洋風のエクステリアが似合います。

 

アサガオの一般的な仕立て方でもあるあんどん仕立てにはあまり向きません。

 

ハンギングや、台に載せた大鉢で育て、
つるが他に巻きつかないようにしながら、下に誘引するのも素敵です。
つるを垂らせて咲かせると風にそよぐ姿が美しく涼しげです。

 

■参考
・アサガオ 種からの育て方
・アサガオ 鉢植えの育て方
・アサガオ プランターの育て方は?
・西洋アサガオ 育て方

 

タグ :

アサガオ 品種