アサガオ 育て方

アサガオの育て方.net

ヘブンリーブルー

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


heavenly blue001

ヘブンリーブルー

 

 

ヘブンリーブルーは、西洋アサガオの中でも、とくに人気が高く、
夏から秋の晴れた気候に良く映え、
とても鮮やかで涼しさを感じさせるアサガオです。

 

 

[ヘブンリーブルー]

 

 

■ヘブンリーブルーの栽培データ

 

科・属名 ヒルガオ科イポメア属
英名・学名 ipomoea tricolor heavenly blue
原産地 熱帯アメリカ、東南アジア
開花期 8月~霜がおりるまで

 

 

■ヘブンリーブルーの特徴

 

・開花時間が長い
ヘブンリーブルーは、西洋朝顔(ソライロアサガオ)の品種名です。
南米を原産とするヘブンリーブルーは、
日本のアサガオと比べ花持ちが良く、「朝」だけに咲く花ではありません。

 

日本の真夏においてもお昼頃まで、
もう少し涼しくなれば、夕方すぎまで咲いています。

 

・短日開花性が強い
一般的なアサガオと比べ、短日開花性が強いため、
街灯や、庭のライトが当たる場所など、
夜でも明るい場所で管理すると、花が咲きにくくなります。

 

ヘブンリーブルーには、「アーリーヘブンリーブルー」と言って、
一ヶ月早く咲く品種も出ています。

 

 

heavenly blue003

開花期のボリュームは、素晴らしいです

 

 

■ヘブンリーブルーの栽培のコツ

 

・種まきの適期
暖かくなる5月~6月頃にまきます。
地温が最低でも20度くらいになってから種まきしてください。

 

・種まきの注意点
ヘブンリーブルーは、とても丈夫で、生育の勢いが良いこともあり、
プランターでの栽培よりも、地植えがおすすめです。

 

ただし、最初はいきなり土に種まきするのではなく、
ポットやジフィーセブンなどを利用して、苗を育ててから移植すると良いです。

 

 

heavenly blue002

大きな鉢であんどん仕立てにしたら、丈が足らず、

ベランダのゴーヤネットに誘引しました

 

 

・植える場所
植える場所は、半日以上日の当たる場所が理想です。
ただ、西日が強く当たるところは避けたいので、
家の南側~北東側に植えると良いです。

 

・管理のコツ
植え付けの後は、4~5節のところで摘芯すると、たくさん枝が分かれ、
いくつもの花を長期間楽しむことができます。
花径に3~5つの花をつけるので、とてもボリューミーな姿になります。

生育はとても良いので、支柱などの準備は早めに行います。
また、肥料切れは病気や生育不良の原因となるため、月に1回、追肥を行います。

 

・病害虫
ヘブンリーブルーが気をつけたいのは、アブラムシ、アオムシ、ハダニです。
毎日、葉の部分を中心的に良く観察して、早期防除に努めてください。

 

■参考
・アサガオ 種からの育て方
・アサガオ 鉢植えの育て方
・アサガオ プランターの育て方は?
・西洋アサガオ 育て方

 

タグ :

アサガオ 品種